HOME > ストーリー

女ゴコロ×通販 代表 梶原 さゆりの WATASHI STORY

25歳の時、デザイナーとして通販専門の広告代理店に入社。雑誌編集あがりだった私は、通販広告の要であるフリーダイヤルや商品価格の色や大きささえ適切なものが分からず、来る日も来る日も、会社に届く新聞や雑誌、フリーペーパーの広告をスキャンしてはトレースしました。

通販広告の"色"の大切さ

そうすると、次第に「通販広告の法則」のようなものが掴めてくるんです。例えば、商品価格の色がもし「緑」だったら購買意欲を掻き立てるのか?うーん、なんか気持ち悪いし、しっくりこない。「青」「紫」「黒」…どれも違う!そこで「赤」に変えてみると…
商品価格が「私を見て!見て!とってもお得だよ!」って主張し始めたではありませんか!

なるほど!「赤」は活力を感じるし、目を引き関心を集める効果がある!
「重要な部分には赤線を引く」ように、伝えたい部分を「赤」にするだけで、広告がイキイキしてくるんだ!だからよく見る通販広告の商品価格は「赤」が多いんだ!

そういう経験をしながら、デザインや色の使い方、イキイキした広告作りのコツが分かってきました。

ワクワクサクサク読める独自の
ライティング習得

通販広告を研究するうちに、「デザインだけでなくライティングも自分でやった方が、想いのこもった広告がつくれるのではないだろうか」と独学でライティングを勉強し始めました。学校へ行ったり講座を受ける時間も余裕もなく、様々な新聞広告、折り込みチラシ、フリーペーパー広告等の紙の広告。そしてアフィリエイターのブログ記事(WEB)等、通販の広告と思われる記事は片っ端から書写しました。

しかし、やればやるほど多くの「紙の広告」が私の心をワクワクさせない事に気づいたのです。レイアウトもコピーもとても綺麗で洗練されているのに、購買意欲が湧かない。アフィリエイターが書いたブログ記事は、楽しくてあっという間に読めるのになんでだろう…。

だったら、「紙の広告」でもブログ記事みたいにワクワクサクサクと読んでもらえる文章を私が書けばいい!世の中の女性達がメールやSNSをする感覚で。なので、私が書く文章は「ワクワクする」が基本!まるでお友達に「この商品めっちゃイイよ!」って伝えるみたいに。

2014年5月独立・『体験モデルモニター』事業スタート

10年間お世話になった広告代理店から独立する際も、多くのモニターさん達から励ましのお電話、メールをいただき心強かったのを覚えています。

女ゴコロ×通販として、通販広告の制作だけでなく30〜70代の約40名(2014年6月現在)のモニターさん達とタッグを組み、本物のクチコミがレスポンスを左右する!『体験モデルモニター』事業スタート。また、愛用者手配や商品企画、座談会のお仕事が出来る事を誇りに思いますし、これは女ゴコロ×通販の強みでもあります。

お問い合わせ、ご相談だけでもけっこうです。 一度ご連絡ください。

心を込めてお仕事させていただきます。
御社と赤い糸で結ばれますように♪

女ゴコロ×通販 代表 梶原 さゆり
Calendar
2018年1月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Category
Blog
top