HOME > 詳細

自分や大切な人が使い続けたいと思える化粧品を作りたい

はじめまして!
「株式会社 咲ら化粧品」の森 咲子と申します。
この「咲ら」は私が使い続けた自然派化粧品をリニューアルしたものです。
なぜ、リニューアルすることになったのか…。
開発のきっかけは2002年にある化粧品が廃盤になってしまったことにはじまります。

きっかけは使う側の立場から

私には母と共に15年間愛用してきた自然派化粧品がありました。

しかし、ある日いつものように買いにいくと店頭に並んでおらず、確認してみると製造中止になったと言われてしまったのです。

その後、他のものを使用してみたものの、値頃感や朝起きたときのしっとり感がどうしてもその自然派化粧品に及ばず…何とかもう一度使うことができないかと思い切って製造元を訪ね、はじめは一回だけ作っていただくことになりました。

当初はそうして届いた商品を母と私、それから自分の周りの友人・知人だけで消費するつもりでした。

けれどそれまでその化粧品を使ったことがなかった方々にも配り嬉しい感想をいただくうちに、「この商品がなくなっては困る。」「もっと多くの人に使ってもらいたい。」という思いがだんだんと
強くなっていったのです。

継続的に安定して製造していくには一回の製造に最低、数百本単位のロットが必要です。
しかし、それを他の企業に任せて、もし再び製造中止になるようなことがあれば私と同じように悲しい思いをする人が出る。

それならば、 私自身があの化粧品をベースに自分自身のブランド品を開発して販売していこうと決心しました。

自分肌を育てる自然派化粧品

『咲ら』は「必要な成分は与え、過剰な栄養は与えない」事によって「肌が本来持っている能力を引き出す」化粧品です。

女性の魅力や美しさを自らの力で咲かせるイメージから「咲ら」と名づけた化粧品。「咲ら」のイメージマークは「咲」という文字を華にデザイン化したもので、その花びらは、この商品を使ってくださったお客様に幸せになってもらいたいという願いを込めて、四つ葉のクローバーを象ったのです。

化粧水、乳液は食事で言えばご飯とお味噌汁。
そんな生活必需品だからこそ、手軽で気兼ねなく使いたいという考えから、安心・効果・安さにこだわりました。

付けた瞬間の「気持ちよさ」と後からしっとりする「うるおい感」、使い続けた後の「自分本来の肌」を実感してください。そして、もしお肌にあったならぜひ長くお使いください。

「気持ちがいい」「肌に合う」と思ってくださる方に使っていただいて、多くの方の幸せを咲かせたい。女性が自分の魅力を咲かせて幸せになるお手伝いをしたい。それが私の変わらない思いです。
Calendar
2017年4月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Category
Blog
top